アレルギー体質なら自然素材の家を建てるのがベスト

安心で注目されている住宅

住宅模型

メリットや仕組み

近年注目されている家の形態として自然素材の家というものがあります。自然素材の家は、その名の通り人工的なものを使わずに建てられる家のことです。20年ほど前から自然素材を使った住宅が注目され始め、様々なメリットがあるとして人気があります。自然素材の家の利点は、まず誰もが安心して住むことができるということです。現在一般的な住宅に使用されている素材は、化学物質が含まれているものがあります。そしてその化学物質が原因でシックハウス症候群や化学物質過敏症、アレルギーやアトピーなど様々な症状が出る可能性があります。しかし自然素材の家ならその心配がありません。子供やお年寄りなど年齢に関係なく、誰もが快適に過ごすことができます。また環境面でも利点があります。国産の自然素材を使用すれば、安心なことはもちろん、輸送にかかるエネルギーを削減することができます。しかも国内の林業活性化につながり、日本の誇る美しい山々を維持することに貢献できます。自然素材の家の仕組みは、無垢材や漆喰、珪藻土などの自然由来の素材を使用して建てられることです。無垢材とは天然の木材のことで、湿度の調節機能に優れている素材です。漆喰は石灰に繊維を加えて作られるもので、壁材として使用されています。珪藻土は珪藻という藻の化石からなる堆積岩です。吸水性に優れていて、最近ではバスマットとしても利用されています。これら以外にも自然素材はたくさんあり、その特徴をうまく活用して家を建てることが自然素材の家の仕組みです。