アレルギー体質なら自然素材の家を建てるのがベスト

アレルギーにならない家

一軒家

身体に優しい住環境

無垢材や珪藻土などで作られた、自然素材の家が注目されています。ナチュラルな住環境の方が、身体によさそうなことはなんとなく想像がつきますが、自然素材の家がいいと言われているのはどうしてなのでしょうか。家が原因で起こる体の不調の原因として、シックハウス症候群や化学物質過敏症などが注目されています。これらは住宅から離れることで症状が緩和しますが、一日中外で過ごすわけにはいきません。それに、家を買い替えたり引越しをすることは容易ではないのが現実です。最初から身体に優しい素材を使用し、シックハウス症候群などが発症しないように配慮してある家を選んでおけば、安心して新生活をスタートできます。自然素材の家に用いられる無垢材とは、スギやヒノキなどの天然の木材のことです。木材は使い込めば使い込むほど味わいが出ますし、もし傷んでもその部分を削ることで、傷を消すこともできます。夏や梅雨は湿気を吸い込むので膨張することもあるものの、夏は涼しく冬は暖かく過ごせる点が無垢材の良さです。木の香りに囲まれた生活をしたい人にもいいでしょう。壁の素材は、自然素材の家だと珪藻土などが用いられます。プランクトンなどが海底に降り積もり、長い時間で化石になったものです。珪藻土なら部屋の中の湿気を吸収してくれるので、湿度が高い季節でも快適に暮らせます。ホルムアルデヒドなどを吸収して分解してくれるので、自宅の空気環境を良好にしたい人にもぴったりです。