アレルギー体質なら自然素材の家を建てるのがベスト

住宅模型

安心で注目されている住宅

自然素材の家のメリットは、子供やお年寄りなど年齢関係なく誰もが安心して住めることや環境面でいい影響があることなどが挙げられます。自然素材の家の仕組みは、天然の木材である無垢材や吸水性の高い珪藻土などを使用して作られることです。

化学物質を吸収

カップル

効果と建築坪単価

現在では、家具や日用雑貨など様々なものが、化学物質を使って作られるようになっています。化学物質に囲まれて生活しているようなものなので、その悪影響で体調不良となる人は増加しています。しかし自然素材の家で生活すれば、化学物質から体を守ることが可能となります。なぜなら自然素材からは化学物質が放出されませんし、むしろ家具などから放出されている化学物質が吸収されるからです。つまり自然素材の家では、化学物質の悪影響をほとんど受けずに生活できるわけです。ただし自然素材には種類が多くあるので、その中でも特に体質やライフスタイルに合うものを選ぶことが大事です。たとえば化学物質と一緒に湿気も吸収する珪藻土や、殺菌効果を発揮する無垢材、防音性と断熱性とが期待できるコルクなどです。いずれも、自然素材の家を取り扱っている業者に依頼すれば、サンプルを見せてもらえます。もちろん住宅展示場があれば、そこに行くことで、実際に自然素材の効果や手触りなどを確認できます。また、自然素材の家は建築坪単価がやや高めなので、その点も把握しておくことが肝心です。一般的な住宅の建築坪単価は40〜50万円なのですが、自然素材の家は50〜60万円となっているのです。梁や根太や筋交いといった骨組み部分にも自然素材を使う場合は、建築坪単価が70万円以上になることもあります。そのため予算を考慮しながら、本当に必要な部分にのみ自然素材を使うように、業者と十分に打ち合わせをする必要があります。

つみき

自然素材でつくられた家

近年では、自然環境への意識の高まりから、自然素材の家をつくる人の数も増えています。自然素材の家をつくっただけで満足するのではなく、自分の身体と同じように、自然素材の家をメンテナンスし続けることが大事です。

一軒家

アレルギーにならない家

自然素材の家は、珪藻土や無垢材などで作られた家です。シックハウス症候群のように、家が原因で体調が悪くなる人に適しています。無垢材は天然の木材のことで、夏は涼しく冬は暖かく過ごせるのが特徴です。珪藻土は湿気を吸収します。